新入生の皆様へ

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

無事に進路も決定しいよいよこれから新生活、と期待していた矢先に思いもよらぬ事態となってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

われわれ東大剣道部一同も、今年はどんな新入部員が来てくれるのか、七徳堂で剣を交えることを心待ちにしていましたが、しばらくは顔を合わせることができずとても残念でなりません。

しかし、くよくよしても始まりませんし、むしろこんな時こそ今できることをしっかりやっておく、あるいは将来に向けた準備をしておくことが大切なのではないかと思い、新入生歓迎・勧誘の活動を行っています。

これまで剣道を経験したことのある方も、また新しいことにチャレンジしてみようと考えている方も、まずはわれわれの仲間になってみませんか。そして心置きなく稽古ができる日が一日も早く来ることを楽しみに、その日に向けた準備を一緒にやっていこうではありませんか。

多くの皆さんの入部を心よりお待ちしております。

堀口尋史監督



新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

HPを見て下さっているということは、何かしら剣道に興味がある、もしくはあったという方だと思います。

みなさんは、大学で剣道をやることについて、どう考えているでしょうか?

中学や高校時代に厳しい先生のもとでやった(やらされた)ことで、もう大学では違うことをやりたいと思っている人もいるかもしれません。

大学では、監督や上級生に強制されてやるわけではなく、自分で求めてやる必要があります。東大剣道部には、その最高の環境が整っています。佐藤勝信、寺地種寿両師範から正しい剣道を教わり、向上心のある先輩、同期、後輩と切磋琢磨することによって、充実した4年間が過ごせることは、間違いありません。授業や単位が心配な人もいると思いますが、稽古は短時間に集中してやりますので、自分の時間は十分に持てますし、要領のよい先輩もたくさんいますので、問題ありません。

騙されたと思って、七徳堂に足を運んでみて下さい。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

畑田寛久女子監督